あれから10年目PART1

あれから10年目、印刷の仕事をしていた私が、今のたこ焼きの仕事を覚えて早いもので10年目にはいった。
某会社のたこ焼き研修、数十万円払い素人の私は夢中で東京へ研修を受けに3ヶ月程通った、その日は一日がかりで、帰りは暗くなってた、早く上手くならないと追加の研修費がかかってしまう。リースで道具を借り家で練習して、成果を東京まで行って見てもらう、この繰り返しを3ヶ月近くやって何とか許可をもらった。
社長さんが、日本一日の焼き士ですと紹介してくれた平山さん、当の社長は一度も教えてくれなかったなー、社長は別の面で日本一だったかも?今考えると、あんなに高い研修費とってたんだから道具位い貸してくれれば良かったのに、買ってもリース代と変わらない位取られてた気がする。
開業当時は、その会社から材料は、全部仕入れていました。1年ほど過ぎて、平山さんも独立し会社を通さずにいろんなやりとりが出来るようになりました、アイドゥ立ち上げの時から振興のあった加藤さんを紹介され、2人がやっている作り方を教えてもらった、加藤さんは調理師の資格も持ってるし、平山さんは、うどんの出汁を使った本格派、私は全くの素人出汁を取るのは大変と言うと2人で来てくれて調味料だけで作るやり方も教えてくれた、某会社の物も調味料だけではあるが⚪️⚪️食品に大量に釜で独自に作ってもらっていた、個人の量では当然やってもらえない、当時全国に100店位加盟店があったと記憶している、味はそれだけあって美味しい、素人の私でもお馴染みさんができた。
でもさすがに独自の調味料で作るのには、満足出来ず、出汁を取ることにした。
するとどうだろう焼きがいままで以上に難しい、今までのトロトロはいいのだか、外側の硬さが無い分外側をカチッと上げるのが難しい、火加減だと思う、そんなこんなでやっと出来るようになったたこ焼きは、フワフワ感が出た、正にふわとろタッコンやきであった。
今までのも良かったが、出汁を使ったたこ焼きは、何か自分で言うのも何だか優しさが違う、手間をかけた分心がこもる、こうして師匠平山さんと加藤さんの協力でタコキューのタッコン焼きは出来上がった。
PART2へ続くか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

通りすがりのデザイン業社
2014年04月09日 16:56
今日シルキー前で購入させてもらいました。
蛸魂焼ホントおいしかったです!
お身体に気をつけてこれからも頑張ってくださいね!
タコキュー
2014年04月09日 18:15
通りすがりさん、早速のコメントありがとうございます。会社のらHPとかかりましたら、教えて下さい。